カワサキ D-Trackerの購入からいぢり倒す過程を紹介する盆サイト

記事一覧

アルミホイール換装

素晴らしきかな三連休!後輪のリムを組み替えます。

前輪と作業内容に差は無いので色々割愛・・・。
調整値ちう
↑ 前輪同様に振れの調整を行います。
後輪はスポークが若干短めなのか、ニップルの上端とスポークのねじ山の上端を合わせることができなかったため、均等締め付け作戦が使えませんでした。
前輪よりリム自体の精度も少し悪かった(といってもコンマ数ミリです)ので、縦横共に0.8mm程度の振れで妥協。

あ、家の人に怒られたので絨毯に新聞紙敷きました(^^ゞ

タイヤを嵌めてスプロケットとブレーキディスクを付ければ完成です!
後輪完成!

早速車両に取り付けます。
装着!
ん~、盆栽感丸出しで賛否両論あろうかと・・・。
カラーバランスはやってみないとわからない事が多々あるけれど、少し派手すぎましたかね?
無難に黒リムとかにしとけば良かったかなぁとも思います。
作業中、お隣の奥さんに「あらキレイねぇ」って言われたぐらいだから相当目立っているのでしょう。

コンデジで撮ると写り方が肉眼とちょっと違うので一眼レフで撮ってみました。
こんな感じ?
こっちの方が実際の見え方に近いです。
部分的に見るにはとても良い感じですね、YOKO Super7にはライム色がラインナップされているのでそっちの方がボディーカラーと合っていたかもしれません。

見た目の変化もさることながら、アルミホイールによる軽量化はどれほど効果があるのでしょうか?

換装前にリム単体の重量を計測してみたところ次のような感じでした。
計測値
↑ 前後共に約1kgほど軽くなる様子です。

バネ下重量が合計して2kgも減れば相当効果があるんじゃないかなぁと期待。
具体的には路面追従性の向上や燃費向上、ハンドリングが軽くなったり、制動力が上がったりするハズです。
逆にジャイロ効果が弱くなるので安定性が低くなるのかな?
ひらひらした操作感とどっしりした安定感はトレードオフな関係です。

ご近所を数キロ走って、スポークの張りに異常が無いか確認し、丁度友人と遊ぶ予定が出来たので環2・R1・R16などを40kmほど走ってきました。

インプレッションとしては・・・。

しょーじき違いがわかりません。

いや、実際軽くなっているのは明らかなわけで効果は必ず出ています。
それを使う人がヘボとあってはあんまり意味がありませんね。

スポーク張りでしばらく暇つぶしできて所有感もあり、ブログも潤せたのでトータルとしては大満足ですよ!

最後に、スポーク張りに躊躇している人も恐れずにやってみるべし!
プロと違って素人には時間の制約がありません、時間をかけてゆっくりやればいつか必ずうまくいきますから。
とはいえ、命にかかわる重要な部品なので責任をもってチャレンジしてくださいね。

ホイール組み立て

台風が来る前にアルミリムを組み込みます。
リフトアップしたままだとあまりにも危険なので、早く地面に下ろさねば。

汚れたスポークはサンエスに一夜漬けして磨き、ハブは塗装しておきました。

早速アルミリムにスポークを組んでいきます。
我流なのであまり参考にしないようにしてください。

フロントホイールは左右でスポークの長さとネック角が違うので間違えないように注意します。
また、スポークは左右それぞれ外側と内側があり内側のスポークを先に入れると外側が差し込めなくなります。
スポークは外側から
あとで気づくとめんどくさいです。←あとで気づいた人談。

まずは左右共に7本ずつスポークを通して、大まかに整形していきます。
このときはまだゆるゆるの状態。
左右外側7本ずつ張った状態
↑ 左右の外側を7本ずつ張りました。
スポークとリム穴の位置関係は、ハブにスポークを差し込んで一番自然に入る場所です。
間違えることは無いです。

この状態でニップルの上端がスポークのねじ山上端と面一になるまで締め込んでいきます。

残りの内側のスポークも差し込み同じようにねじ山と面一にしておきます。
全スポークを張った状態
↑ すべてのスポークが差し込まれた状態になりました。

次にすべてのニップルに油性ペンなどで目印を付けて同じ角度ずつ順番に締め込んでいきます。
この作業を繰り返してスポークに軽い張力を感じるまで続けます。

スポークやニップルは機械で作られた工業製品ですから誤差はほとんど無く、締め込む回転数が同じならほぼセンターが出るであろうという考え方です。
とはいえ、このやりかたでもいくつか緩いニップルが出てしまいます。
これについては回転数を気にせず軽い張力が出るまで締め込んじゃいます。

んで、緩いニップルが無くなったらリムのオフセットを確認します。
あらかじめ計測しておいた位置にリムのセンターが来ていない場合、同じ回転数ずつ左右のニップルを締めたり緩めたりて調整します。

そして泥沼作業に陥りがちな振れとりの作業です。
以前、KSRをプロアーム化したときに使った治具がこの作業に使えそうです。
振れとりマシーン
↑ ダイヤルゲージを設置してホイールを乗せると実に具合がイイ♪
ペルシア絨毯の上でやる作業じゃないですがそこは気にしない方向でw

サービスマニュアルでは上下(偏心)1.2mm、左右0.8mm以下が調整範囲となっており、使用限度は共に2.0mmになっています。
意外とアバウトですね。

まずは偏芯の確認から。
うん、ニップル均等締め作戦が功を奏したのかほぼセンター出ているようです。
もはや偏芯かリムの精度かわからないレベルなので、左右の振れとりに作業を移します。
ダイヤルゲージの計測だと最大0.8mm程度の振れが出ている様子。
すでに許容範囲ですけど少し追い込んでみます。
ダイヤルゲージで凸部と凹部を割り出して、油性ペンでマーキングしてから、少しずつ締め込んだり緩めたりしながら調整します。

ところがこの作業、あんまり生真面目にやっても意味が無かったりします。
リムには必ず溶接箇所が有り、その部分だけ極端にゆがんでいる場合があります。
溶接箇所
↑ ハッチ部分が溶接箇所、この部分の振れは無視してOK!
それを基準に作業をすると泥沼にハマる羽目になります。
まぁ、ほどほどで。

溶接部を含めて0.4mm以下、平均的に+-0.2~0.3mmぐらいまで追い込めたんじゃないかな?

↑ 振れ計測動画

あとは均等に増し締めして、再度振れの確認をしたらスポークの調整はおしまいです。
ホイールがゆがんじゃうので、あまりニップルを強く締め込む必要はありません。

アルミリム化完成!
アルミリム化完成
↑ 思ったより苦労なく交換できました。

そして最後の関門タイヤの取り付けが待ち構えています。
今回は取り外したタイヤとチューブをそのまま再利用するので、タイヤは堅くなっているし、チューブは少し伸びています。
新品タイヤより難易度高いぞ!
せっかく交換したばかりのアルミリムに傷を付けずに、慎重に作業せねばなりません。

まずは片側をよっこらせっと。
片側ハマった!
チューブを入れて、口金をリムに通したら、一端軽く空気を入れてチューブの撚れを取り除きます。
バルブと反対側からタイヤを嵌め、体重をかけて嵌めたビードが戻らないようにしながら少しずつ進めていきます。
あともう少し!
↑ あともう少しです!
反対側のビードがしっかり落ちているか、チューブの噛み込みは無いか確認しつつ最後のビードを嵌めれば完成です!

ブレーキローターも取り付けアルミリム化完了!
完成!
チューブを痛めることも無く無事組み上がりました。
緑のリムはちょっと派手かなぁ?


・・・まだ後輪が残ってるんだよね。

ホイール分解

深夜にも関わらずホイールを外してきました。
車体はリフトアップしたままですから、台風の影響でスタンドごと倒れないか心配ですw
外したホイール
↑ ブレーキディスクも外してあります。

これからタイヤを外してホイールをバラすわけですが、次の工具を用意しました。
工具類
↑ 上からリムプロテクタ/ビードワックス/スパナ/ニップルレンチ/タイヤレバー/ムシ回し

下側2本の一般的なタイヤレバーは参考に用意したものです。
片側が薄いヘラ状になっているレバーが圧倒的に使いやすいです。
最低2本あれば外せますが、3本以上あった方が効率的に作業できます。

あらかじめチューブからエアを抜き、ムシを抜いた状態でタイヤを外し始めます。
最初にビードを落として行きます、チューブホイールはビードブレーカーを使わなくても、足で踏むだけで簡単に落とすことができます。
ビードをホイールの溝にしっかり落としておかないと、タイヤレバーでの作業が難しくなります。

レバーでチューブに傷を付けないように、バルブ側からタイヤレバーを差し込み外して行きます。
欲張って一気に外そうとせず、ビードがしっかり落ちているか確認しながら少しずつ作業します。
外れてきた
↑ ホイールに傷が付くのを気にしないのであればリムプロテクターは使わない方が良いです。
あらかじめビードとホイールにビードクリームをたっぷり塗り込んでおくと滑りよく外すことができます。
片側のビードが外れたら、チューブを抜いてから反対側のビードも外し、ホイールからタイヤを取り外します。
外れた!
↑ 無事取り外すことができました。

今回はタイヤ交換ではなく、リムの交換ですからスポークを外してホイールを分解しなくてはいけません。

計測ちう
↑ スポークホイールは左右のスポークの張り方でオフセットするので、分解する前にホイールのセンター位置を計測しておきます。


スポーク分解ちう
いくつかのニップルは錆びて固着していました。
CRCを吹きつつ頑張って外します。

分解完了!
分解完了
さすがに購入から3年目を迎える車両だけあって、スポークやニップルは少し錆びてきてますね。
全部交換すると15,000円ぐらいするため今回は再利用の方向で・・・。
ハブは塗装してサビを防ぎたいと思います。
ブレーキディスクの座面とベアリング部を養生して今日の作業は終了です。
マスキング完了

Dトラ125の前輪は2種類のスポークが使われています。
二種類のスポーク
↑ ネック角と長さが違うので間違えることは無いと思いますが、混ぜると選別がめんどくさいので注意が必要です。

今週末、前輪ぐらいは完成させたいですね。

まるいの!

気がつけば2か月間放置しておりました。
とりあえず私の足はあるようです、Dトラ125もご近所コミューターとして活躍しておりますよ。

さて、本日の仕事を終えるとなぜか浅草線の本所吾妻橋に降り立っていました。
地下鉄なんで降り立つという表現は微妙な感じですけど。
A1出口を上り反対側を仰ぐとスカイツリーのイルミネーションが目の前に輝いていました。
スカイツリー
素敵なロケーションですが目指すのはそれではありません。
駅から数百メートルほど離れたところにあるバイクショップが目的地なのです。

ここまで書けばピンときた人もいるかも?

そう、D-Tracker125のカスタムに意欲旺盛な「リバーサイド」さんにお邪魔してきました。

三ツ目通りを南に向かって歩くと、ほどなくしてライムグリーンに塗られた建物が見えてきます。
店頭にはたくさんのバイクと共に、デモ車であろうアルミパーツでフルに装飾されたDトラ125が並べてあります。
うん、間違いなくここがリバーサイドだね!

中に入ると、並べられたバイクの他、商談用のイスとテーブル、カスタムパーツの陳列棚などがあり、奥の方は作業スペースと倉庫になっているみたい。
カウンターの上にはデジタルフォトスタンドが置かれ、絵師シロンさん(KSR方面で知り合いだったりします)のものと思われる絵が次々に表示されていました。
う~ん世界は狭いなぁ。

いやいやいや、リバーサイドに立ち寄ったのはただ店の様子を見に来ただけではありません、ちゃんと客として欲しいものを買いに来たのです!
そのブツはいま無事に手元にあるわけですが、閉店間際の忙しい時間にも関わらず、丁寧に対応していただいた女将?に感謝です。
ゲトしたブツ
↑ なにやらわっかが二つ・・

夏の最後を楽しむための浮き輪なのでした。
浮き輪?
ごめんなさい、嘘つきました。ふざけました。
しかも寒いですね・・・。
ま、それだけ嬉しかったということで。

梱包材を剥いで出てきたのは緑のアルミホイール!
アルミホイール
↑ タイのYOKO社製アルミホイール。

ついに禁断の領域まで来ましたね、すでに車体価格を上回るカスタム費用を掛けている気がしますが、アルミホイールネタでしばらくブログが潤う算段です。

やはりタイ製ということで気になるのが品質です。
ホイールは命に関わる重要な部品ですからいい加減な作りの製品だと困ります。
取り付ける前にじっくり観察しておかねば。

 ・
 ・
 ・
結論、全く問題ありません。
むしろ最近のRKとかより仕上げの処理は良いんじゃないかな?
バリもなくなめらかなリム
↑ 正直驚きました、穴や結合部分などの処理は国産に匹敵、もしくはそれ以上の丁寧さです。
梱包の厳重さからも高い品質管理が維持されていることがうかがえます。
昔タイ旅行で見たバイク屋の軒先に無造作に吊されたリムとはわけが違いそうです。

しかもこのクオリティの製品が現地では100ドル以下で売られているんですから驚きです。
日本の産業危うしですよコレは!

製品の品質に不安感は全くないので来週からリムの交換作業に入りたいと思います。

以前KSR向けに12インチのスポークホイール組んだことあるけど、心配だなぁ。

完成するとこんな感じになる予定
アルミリム
少し青みの強い緑かなぁ? もう少し黄味の緑がマストだったかもしれません。
机上のシミュレーション通りになるか楽しみですね。

ページ移動

プロフィール


累計:
本日:
昨日:

過去ログ