カワサキ D-Trackerの購入からいぢり倒す過程を紹介する盆サイト

記事一覧

サービスキャンペーン

サービスキャンペーンの作業を行ってきました。

作業時間は1時間半とのこと。
家に戻って待つほどの時間でもないので、バイク屋で待つことにしました。

 ・
 ・
 ・
 ・

結局、2時間半待たされたよ・・orz
おそらく1時間半という時間は、カワサキの作業指示書に記されている工賃から来たものだと推測しますが、実際その時間で終わるかどうかは各ショップの技量にゆだねられるわけです。

お世辞にも整備性の良くないDトラ125に初めて触るショップのメカさんにとっては、右も左も判らず嫌な仕事だったかもしれません。

たかだかサスを外すのにタンクとスイングアームまで外してましたから・・・

正規代理店でもすべての車輌のサービスマニュアルを持っているわけではないようですね。
こんな事なら自分の持っているマニュアルを持って行けば良かったです。

バイク屋のメカの技量がいっそう信用出来なくなりました。

正直、部品だけもらって自分で作業した方がナンボか安心できます。
今回のサービスキャンペーンは、交換した部品をカワサキに送り返さないと工賃が出ないらしく、ショップには拒否されましたけど・・。

んで、交換後。
見た目にちがいはありません。

刻印は□にNから○にCになっていました。

↑コピーライトマークみたいw

もう一箇所のサービス対象であるブレーキ液も補充されていました。

↑アッパーレベル付近まで液面が上がっているけれど、おそらくブレーキ液の交換はせずに注ぎ足しただけだと思われます。
銘柄はともかくDOTすら合っているか怪しい限りです。


ちなみに正しいリアサスの取り外し方は

1. ジャッキなどで持ち上げ後輪を安定して浮かせた状態にする。
2.リヤショックアブソーバ下端のナットを外す(ボルトは抜かないでおく)
3.タイロッド後輪がわのナットとボルトを外し、タイロッドを下に回す。
4.リアショックアブソーバ下端のボルトを緩めて外す
5.リヤホイールを持ち上げジャッキやスタンドで保持する。
6.リヤショックアブソーバ上端のボルトを外す。
7.リヤショックアブソーバを下方から抜き取る。

取り付けはこの逆。
少なくともタンクやスイングアームを外す必要はありません。

工具だけ借りて自分でやれば良かったよ。
ムダに待たされたオレ様の時間工賃をかえしてほしいとすら思います。プンスカ!

Dトラ125、お前もか!

3月17日にKLX125・D-tracker125の改善対策・サービスキャンペーンが相次いでアナウンスされました。

・改善対策
ショックアブソーバの組み立て不良により、オイル漏れが発生することがある。
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/recall/10-03/index.html

・サービスキャンペーン
タイの人がマイペンライとか言いながら作業したため、後輪のブレーキフルードが規定値より少ない。
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/recall/10-03a/index.html

どちらもタイ人の仕掛けたトラップなのかと勘ぐりたくなりますが、初期ロットならこの程度の不具合は標準装備でしょう。

ほぉ~ら来た! 程度の感心しか得られませんでしたw


自分のDトラ125は車体番号200番台の超初期ロットですから、改善対策・サービスキャンペーンともに該当車輌になっています。
実際にはどうなっているでしょうか?

まずは改善対策・・
ショックアブソーバ下部のブラケットに、四角で囲われたNの文字が刻印されているモノが交換対象らしい。
製造記号
↑四角にN バッチリ交換対象です♪

続いてサービスキャンペーン・・
ブレーキ量が不足している車輌が対象で補充するらしい。
フルード量
↑微妙。 並のバイク屋なら補充対象と判断するでしょう。
まるで、「LOWレベルまで注ぐんですよ~」って指示がされていたかのような液面レベルですw

どちらも今のところ影響がある状態にはなっていませんが、案内がきたら対策したいと思っています。

ってゆーか作業は自分でやるからショックアブソーバだけ送ってくれ。

ページ移動

プロフィール


累計:
本日:
昨日:

過去ログ