カワサキ D-Trackerの購入からいぢり倒す過程を紹介する盆サイト

記事一覧

ブレーキスイッチ修理

日が落ちるのがすっかり早くなった今日この頃。
夕飯でも買いに行くかとDトラ125に跨ったところ、ブレーキランプが点灯していないことに気づきました。
辺りが暗かったため気づくことができましたが、いつから不点灯だったのかは不明です。

少し調べてみるとリアブレーキでは点灯し、フロントブレーキのみ不点灯であることが判明。
バルブ切れではなく回路に問題があるとわかりました。

後日、テスターを使ってブレーキ灯の回路を調べました。
まずはブレーキスイッチから配線を外して電圧を測ります。

↑特に問題なくバッテリー電圧が印加されていました。

と、なるとスイッチ自体が怪しそうです。
外見に異常はなく、カチカチとクリック感もあるので問題なく見えるのですが...

スイッチの抵抗値をはかると微妙な値を示し、どうやらこれが原因みたいです。

本来、スイッチは分解不能な構造なのですが、溶着部分をうまく剥がして内部の構造を確認します。

接点を磨き、金具を少し曲げて当たりを強くしてみました。
結果

↑ 抵抗値は低くなりほぼ回復 !

スイッチを組み立て直して実車に装着したところ、問題なくブレーキ灯は点灯したのでした。

プロフィール


累計:
本日:
昨日:

過去ログ