カワサキ D-Trackerの購入からいぢり倒す過程を紹介する盆サイト

記事一覧

うぇるかむ ほーむ!

日本で設計された部品がタイで生産され、アメリカのショップから日本へ帰ってきました。

到着!
↑ 通関したその日に到着。USPS&日本郵便ぐっじょぶ!

相変わらず税関の仕事は良くわかりません。
ぬううシリンダーを輸入したときは900円の関税がかかったけど、今回は非課税でした。
同じ商品でも担当官によって扱いが違ったりするのでもはや運の世界です。

鼻息を荒げながら梱包を解きます。
輸入した部品
↑ 注文通りの部品がそろっています。(エンジンガスケットなどもついでにたのみました。)
KLX140Lのスイングアームは存在感バツグン!

Dトラ125のスイングアームと長さを比べると、2~3cm短い感じです。
しかしピボット~車軸の距離はほとんど同じであることから極端にディメンションが変わることは無いと思われます。
チェーンアジャスタ機構の違いから来るものかと。

少々気になるのは、チェーンガードのステーが、だいぶ内側に張り出していること・・。
スポークに当たりそうな気がするけど大丈夫か心配です。

手に持ってみるとアルミ製スイングアームの軽さに驚きます。
KSRのスイングアームの1/2ぐらいの重さじゃないでしょうか?
気になったので体重計に乗せて量ってみました。
軽量中!
↑ なんとたったの2.6kg!

早速組み付けてみたいところですが、国内調達分にバックオーダーが発生してしまったため、
実車に取り付けることは来月の中頃まで出来ません。

・・とはいっても辛抱たまらんので、出来るところから作業を進めておきます。
ベアリング圧入
↑ ロッカーアームとタイロッドにベアリングとシールを打ち込みます。

ん~、レーサーのKLX140Lもフルベアじゃないのか・・
ロッカーアームとスイングアームの接合部とタイロッドとフレームの接合部はメタルブッシュなのね。

スリーブを通して完成!
完成したロッカーアームとタイロッド
もしかするとKLX140LとKLX125C/Dのリンク比は同じかもしれません。
ニードルベアリングとシールの違いで部品がちがうのかも・・。
メタルブッシュに不満が無ければKLX125C/Dのリンクをそのまま使うと低コストかもしれませんね。

あい れしーぶど あ ぱーせる!

妄想は現実化せねばなりませんw

小包

その礎となる第1弾がミシガン州から遙々やってきました。
極力コストを下げるため、国内・eBay・国外ショップの3か所から部品を調達する計画です。

小物部品

中を開けるとオイルシールやスリーブ、ニードルベアリングなどが無造作に梱包されていましたが、
注文通り届いたようで一安心です。

しかし、フロリダのショップに注文したパーツの一部にバックオーダーが発生。
2か月以上待たされるならキャンセルする旨伝えると「そんなに掛からないぜメイビー!」とのこと・・
全ての部品がそろうまでは少々時間が掛かるかもしれません。

調達表

果たしてパイオニアとなれるのか?

追記:2010/9/15
フロリダのショップから出荷案内キター!
1週間程度で到着の予定。関税かかるだろうな・・。
国内発注分も24日までに到着の予定です。

追記:2010/9/17
 しかご あらいばる

追記:2010/9/18
 ばっどにゅーす。
 日本国内調達分に一部バックオーダー発生。10月中旬になるもよりorz

追記:2010/9/19
 うぇるかむ じゃぱん!
 無事通関した様子、明日には届くかな?

スイングアーム考察

KLX140のスイングアームが利用できないものかと考えています。
やっぱりアルミ製スイングアームにはあこがれますよね!
KLX140Lのアルミスイングアーム
最近は極度な円高状態ですし、個人輸入には絶好のチャンスです!
(株主的には由々しき問題ですけど・・。)

と、いうことでKLX140・KLX140L・Dトラ125・KLX125の4機種の部品番号を調べてデータベース化しました。

結果、Dトラ125とKLX125は部品の色の違いだけでまったく同じ部品構成と判明。

次に調べたのはKLX140とKLX140Lの違いです。
基本的にほとんどの部品が共通でしたが、スイングアームの部品番号だけが違う様子です。

海外のファンサイトで調べたところKLX140LのスイングアームはKLX140のスイングアームよりも1インチほど長いみたい。
KLX140Lのリアホイールは16インチ、対してKLX140は14インチとなっていますから、この情報には信憑性がありそうです。

KLX125とKLX140Lが同じリアホイール径を採用しており、KLX125とDトラ125は同じスイングアームを採用していることから、換装に適したのはKLX140L用のスイングアームと判断して調達しなくてはならない部品を調べました。
抽出中!
↑SQLで2つのテーブルを比較し、非共通なパーツを抽出してみました。

するとKLX140L 46部品、Dトラ125 35部品のうち非共通な部品は23部品となりました。
リアハブはDトラ125用を使用することになりますから、一部のシールなどは省いても良さそうです。

予想では700ドル以下でアルミスイングアーム化できそうだけれど実行するかどうかは検討中です。

カワサキのパーツ名にはサイズが記入されているので互換性の確認が比較的簡単にできて助かります。

追記:2010/8/23
さらに調べた結果、非共通パーツの中に国内で調達できる部品がいくつかあるため、輸入しなければ入手できない部品は10点ほどになりそうです。

追記:2010/8/24
さっそくメリケンのとあるショップで見積もりをとってみました。
結果、部品代+$100で日本に郵送してくれるとのこと。
スイングアームという大物を実質8500円ほどでAIR配送してくれるのであればさほど高くありません。

いっとく?

Dトラ125 in 猿ヶ島

関東近郊では有名なオフロードの聖地「猿ヶ島」に行ってきました。

猿ヶ島
↑ 猿ヶ島は相模川河川敷にあるガレ有り、砂有り、ドロ有り、水たまり有りの
あらゆるオフロードシチエーションを満喫できる素敵な場所です。

一般的には保安部品を外したマシンかレーサーをトランポで持ち込むのが正しい遊び方みたいです。
きっとTT900を履いたDトラ125で走り回るのも楽しいことでしょう。


・・・結果、林道程度の砂利やガレならば特に問題なく?走れます。

低速トルクが意外とあるので、コレはムリだろう的な斜面もモリモリ登れちゃったりしますが
途中で失速するとタイヤが空転し悲しい結果となります。

思いのほか走れるので調子にのって飛んでみました
Dトラでジャンプ!
↑ 自分的には5mぐらい飛んでるつもり・・・w
とにかくフロントサスが弱いので、リアに加重を掛ける走り方をしないと壊してしまいそうです。

Dトラ125の雄姿を客観的に見るため動画を撮影してみました。

ん~、あんまりダイナミックな感じはしないなぁ~。

すぐに底付きするフロントサスの弱さを克服すればもう少しガンバれそうな気がします。

ところで、TT900は砂地と泥濘地は極端に弱いです。
ブロックのないロードタイヤですからあたりまえではありますが、エンデューロコースの
ヌタ地を通過しようとしたら一瞬でフロントが流れ初ゴケとなりましたw
バイクを起こそうにも足元が滑って引き起こすのが困難だし・・。
そんな感じで3回ほどコケて漢らしい外観になりましたよ!
洗車めんどくせ
↑ エンジンの放熱フィンや燃料タンクの裏まで入り込んだドロを落とすのが一苦労です。
小さなボディに色々詰め込みすぎて整備性が悪いのが難点ですね。
Fiver Worksのアンダーガードは良い仕事してくれています。

3回も転かした割には、立ちゴケに近い低速かつ泥濘地であったため被害はほとんどありませんでした。
漢らしいレバー
↑クラッチレバーがぐにゃりと曲がるも、カウルに傷はほとんど付いていません。
このあたりは基本設計がレーサーだからなのかなぁ?と、感心しております。

レバーを可倒式にして、ハンドガードも付けたいところですね!


ところで、転倒センサーを働かせるとキーをOFFにしてスタンドをもどしギアを
Nに入れてからでないとFIシステムがリセットされないのは仕様なのでしょうか?
ちょっとめんどくさいです。

川重からなんか来た

帰宅すると居間の机に川重の封筒が置いてありました。
まぁ開けなくても何となく内容は判りますw

案内
↑ 案の定、改善対策とサービスキャンペーンの案内が入っていました。

そういえば川重から案内が来るのは、新車で買ったときの保証書とアンケート、
それに答えると貰える粗品ぐらいです。
不具合の知らせをメーカーから直接貰うのは初めてだな。

おりしも今日は権利確定日。
10,000株で10の行使権を得ました。川重ホルダーになんか優待出してくれればいいのに。
今期も配当3円だけか、ショボイぞ!

ページ移動

プロフィール


累計:
本日:
昨日:

過去ログ