カワサキ D-Trackerの購入からいぢり倒す過程を紹介する盆サイト

記事一覧

2015夏 紀伊半島ツー 2日目~帰宅

8時頃、那智勝浦のホテルを出発しR42号で紀伊半島を南下します。
目指すは太地町のお隣、串本町にある潮岬です。
途中、腹を下して本州最南端のコンビニでトイレを借りるという不名誉なイベントを発生させつつ潮岬に到着。

すこし離れたところにある潮岬灯台にも登ってきました。

いつか本州西端、北端、東端も制覇したいですね。

後はひたすらR42を西側に向かって北上するルート。
串本から30kmほど走り、水分の補給でもしようと白浜町にある道の駅志原海岸に立ち寄ると、ちょっとしたアクシデント発生!
駐車場にバイクを駐めてしばらくすると、隣のバイクがこちらに倒れてきました。
間隔を開けて駐輪していたので事なきを得ましたが、倒れたバイクが直撃していたら俺の夏ジエンドだった可能性もあり危ういところでした。
駐車場が前方に若干傾斜していたのとスタンドのかけ方が甘かったのが原因のようですが、引き起こしを手伝うとクラッチレバー、ステップの破損とタンクのへこみぐらいで走れなくはない様子。
面倒なのでそれ以上関わらない事にしましたが、一宮ナンバーの彼は無事に自宅に帰れたのでしょうか?

気を取り直して再出発。
富田川を越えてすぐのスタンドで6回目の給油をして、最近出来たばかりの紀勢自動車道でワープすることにしました。
静岡から長らく走ってきたR42とここでお別れです。

11時30分頃、阪和自動車道紀ノ川SAで7回目の給油、軽く食事をしてさらに進みます。
泉佐野JCTから関空方面へ進み、りんくうJCTで阪神高速4号湾岸線へ、さらに5号線に入って神戸に突入、港湾幹線道路は超絶渋滞してたけど二輪車は無料という太っ腹な設定でした。

ステレオタイプな神戸の顔メリケンパークに到着。

以前来たことのある場所なのでポートタワーの写真だけ撮ってすぐ後にします。
R2を進んで明石を目指すも、紀伊半島の田舎道と違って都会の渋滞道路が続くためあまり距離が稼げません。
コンビニ休憩、8度目の給油を織り交ぜつつ川崎町に到着。
カワサキ乗りの聖地とも言える川崎重工明石工場の訪問を果たしたのでした。

とは言ったものの、この年式のDトラはタイ製であるため明石工場にあまり縁はなかったりして・・・。
川崎重工の看板は撤去されてしまったようなので敷地内に無断侵入。

暑さによる休憩と都市部の渋滞で予定より少し遅れ気味です、予定していたいくつかの観光を諦めて2日目の泊地である鳴門を目指します。(明石の天文科学館と北淡震災記念公園に行く予定をキャンセル)
実は明石から鳴門なんて橋を渡ってすぐな感覚でいましたが、淡路島を縦断すると70km以上あるんですね。
玉津ICから第二神明に入りいくつかのJCTを抜けて神戸淡路鳴門自動車道へ。

今回初めて走る明石海峡大橋を渡ると、しまなみ海道・瀬戸大橋と四国と本州を結ぶすべての橋をこのDトラで走った事になります。

淡路SAで軽く休憩して後はノンストップで宿泊地を目指します。
鳴門北ICで高速を降り、9回目の給油をして17時頃ホテルにチェックイン。

とりあえず一風呂浴びてから、夕食に出かけますが鳴門駅の近辺には食事処があまりありません。
結局、王将の看板を見つけたのでそこで済ますことにしました。
せっかく旅行してるのにチェーン店で済ますのが少し悔しいです、徳島ラーメンとか食べたいよねぇ。
ホテルに戻るとフロントの人から「鳴門阿波踊りやってますよ、見てきては?」との情報を得たので、行ってみることにしました。

会場に近づくと少しずつ祭り囃子が聞こえ初め、想像していたよりも大規模なお祭りに少々圧倒されました。

これでも徳島の阿波踊りより小規模なんだよな。
鳴門に泊まるのは3度目ですが、地域的なイベントに触れるのはこれが初めてです。
しばらく楽しんだ後、ホテルに戻って就寝。

3日目は徳島港からフェリーに乗り帰宅するだけの旅程です。
ホテルから20kmほど走って徳島港に9:30頃到着、11:30出港、何にもすることがありません。
二等船室はさほど混んでおらず、過去数回利用した際のタコ部屋状態が嘘のようです。
15:30頃、昨日観光した潮岬をデッキから眺め、後は船室でゴロゴロしていました。

台風接近直後であったため普段より少し揺れてたかな?

4日目早朝、東京港に到着。
首都高を使って自宅まで1時間もかかりません。
7時前には自宅に到着し、無事夏ツーを終えたのでした。

総走行距離 1001km

2015夏 紀伊半島ツー 1日目

今年の夏ツーは10年目を迎えたDトラで紀伊半島を一周します!

早朝5時に自宅を出発。
まずは東名高速を走り伊勢志摩を目指しますが、ひたすら高速を走るのもつまらないので、浜松から伊良湖に進みフェリーで鳥羽に渡る計画です。

渋滞や天候の影響を受けることもなく東名高速は概ね快適でした。
強いて言えば航続距離が短く常に給油場所を意識しなくてはいけないのが難点でしょうか?
高速でもリッター30kmは走るため燃費自体はさほど悪くありませんが、燃料タンクの容量が少ないため120kmを越えた辺りで給油を考えなくてはいけません。
富士川SAで1度目、浜松西ICを降りたところで2度目の給油をして9時半ごろ伊良湖に到着しました。

11時15分鳥羽に到着。

フェリーのタイミングが悪く2時間ほど掛かったものの、涼しい船内で体力の回復ができました。
鳥羽のGSで3回目の給油をして伊勢二見鳥羽ライン→伊勢自動車道→紀勢自動車道と有料道路をひたすら走って尾鷲まで進みます。
紀勢自動車道は全線開通しておらず、部分的なバイパスがあるものの尾鷲より先は基本的に下道です。
4度目の給油をしてから最初の観光地である熊野那智大社までR42をあと70km、先は長い・・・。

14時30分熊野那智大社到着。

世界遺産、熊野古道の一部を歩き神社に参拝します、ただでさえ暑くてへばっているところに階段と急勾配の連続で体力の衰えを感じました、いつまでも若くはないな。

↑ 熊野古道の一部

八咫烏のデザインされた交通安全ステッカーを授かり、那智の滝を見学。

次の目的地に移動します。

さらにR42を進み15時45分太地町に到着。

イルカ猟の賛否で世界的にも有名になってしまった町です。
個人的には食文化に口を出すのはナンセンスだと考えるので、イルカ(クジラ)食にも肯定的です。

と、いうことでクジラの博物館でクジラショーを見て楽しんだ後、近くのフードコートでクジラ料理をいただきました。

↑ 鯨のショーで親睦を深めた後

↑ 有り難くご馳走になる!
本当はクジラ定食(2500円)を食べるつもりでいたのですが、暑さと長距離移動で食欲があまり無くなってしまったためクジラ丼(800円)で気分だけ味わうことに。
クジラ肉は部位によって独特の風味があり好みが分かれそうなお味でした。

来た道を少し戻り、5回目の給油をしたあと今夜の泊地「那智勝浦」に到着。
宿泊したホテルはぜかツインの部屋があてがわれ、広すぎて少々落ち着かなかったけど、個人経営のビジネスホテルにしてはとても清潔で快適でした。
朝食も喫茶店のモーニングレベルで、メジャーなホテルチェーンより良かったぐらいです。

でも那智勝浦といったら海上の高級旅館に泊まってみたいものですね。

1日目の走行距離 516km

エアフィルター交換

Dトラ(250cc)のエアクリーナーを洗浄したら、バラバラに崩れてしまいました。

約10年間交換していませんから接着面が劣化してしまった様子です。

さすがにこうなると買い換えざるを得ないわけですが、純正のフィルターは高いのでサードパティーの互換フィルターをチョイス!
ヤマハの2stオイルを適当に染みこませました。

オイルに青い色が付いているため、まんべんなく塗布するのに都合が良いのです。

特別な機能パーツではありませんから装着後も特に変化は無し。

マフラーの交換

Dトラ(250の方ね)のマフラーをノーマルに戻してみました。
BEETのチタンフルエキは抜けが良く、ルックスも気に入っているのですが少々煩いのです。
短距離ならともかく、高速道路を使って数百キロ走るシチュエーションでは運転する本人が疲れてしまいます。
回りの人はもっとうるさく感じているのだと思うと身勝手な限りですが・・・。

 ↓ ↓ ↓

と、いうことで物置に保管してあったノーマルマフラーを引っ張り出して交換してみました。
TMR-MJN + ふよふ + BEETハイカムの仕様で、ノーマルマフラーを使ったことがありませんから、ちゃんと走れるのか心配です。
交換作業自体は1時間も掛からず終え、早速試走に出かけます。

結果、特にキャブのセッティングを変えなくてもエンジンの始動はOK!
交通の流れにのって普通に走るのもOK!
自動車専用道路を100km/h程度で巡航するのもOK!
音は驚くほど静かになりました。(というかこれが普通なのですよね。)

ひとつ残念なのはアクセルの付きがだいぶ悪くなったことです。
スロットルを急開しても以前のような鋭い吹け上がりをすることはなく、負圧キャブのような加速感になってしまいました。
せっかくのTMRとハイカムが役に立っていない感じがしますが、公道でアクセルを急開するような運転はまずしないので特に問題ないでしょう。

どんどんオヤジ嗜好になっていくのが少し悲しいです。
実際このマシンも製造から10年目を迎えるわけですが・・。

今年の夏はこの状態でロングツーリングに出かけてみたいと思います。

バッテリー管理

気付けば最終更新から約半年が経過、特別に変化もなくシティコミューターとして少ずつ距離を伸ばしています。


さて、秋月の中華(台湾)MFバッテリーに換えてから丸3年が経過し、まもなく4年目に突入します。
二千円強の安いバッテリーですからあまり期待はしていなかったのですが、いまだに健在で真冬でも元気にセルが回ることに驚いております。

バッテリーの性能維持は製品自体の品質もさることながら、日頃の充電管理に依存するところが大きいと考えます。
一度でも干上がらせてしまったバッテリーは著しく性能が落ちますから、常に一定のレベルを保つように充電しておくことが望ましいわけです。

通勤などで毎日ある程度の距離を走る環境にあれば、特に何もしなくてもバッテリーが上がることはほとんど無いのでしょうが、週末に乗るか乗らないかといった私のようなサンデーライダーは意識的にバッテリーの状態を管理する必要があります。
とはいっても一般の充電器をバッテリーに繋げっぱなしにすると、過充電でダメにしてしまいますから、人の管理で一定のレベルを保つのは至難の業です。
そこで登場するのが、マイコンで自動的に管理するオプティメイトなどの全自動充電器です。
初期費用は少々お高く付きますが、バッテリー自体をダメにして交換する費用を考えれば圧倒的にお得だと考えます。
特に複数台のバイクを持っている場合、バッテリー上がりのリスクも台数分増えていきますが、この手の全自動充電器であれば1週間毎につなぎ替えるだけでもそれぞれのバッテリー寿命を大きく延ばすこと出来ます。

結果的に、いざ走り出そうとしてセルが回らないとか、サルフェーションを起こして交換必至といった事態を防げますから、経済的にも精神的にも安心です。


↑ 愛用のオプティメイト4

バッテリーに接続する防水コネクタは純正品だと高く付くため、何処でも入手できる汎用品に交換しています。

 ↑ 男らしくちょん切って汎用コネクタを接続!


バッテリーからもコネクタをはやしておけば、簡単につなぎ替えられるので、一台の充電器を色々な車両に使い回すことが出来ます。

マンションの駐輪場などでは難しいでしょうが、電源の取れる環境であれば、多少の初期投資をしてでも自動管理型の充電器の導入することをおすすめしたいですね。

ページ移動

プロフィール


累計:
本日:
昨日:

過去ログ